FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
母親のところへ行きたくないときもある。
私の母は90歳で、介護施設にいます。
心臓で3回入院し、
シルバーカーを頼りにヨチヨチ歩きです。

娘が私ひとりになってしまったので、
私への依存がとても強く、
仕方ないとは言え、時々、息がつまりそうになります。

なるべく行くようにしていますが、
行きたくないな、と思うときもあります。

母はぶーたればあさんです。

行くとヘルパーさんや食事やらの不満、
毎日ひまだとボヤき、
人間関係の愚痴など、良いことは言いません。

私がいる間、ずっと文句です。
考え方を変えるのはもう難しいので、
なるべく黙って傾聴するようにはしているけど、
とても疲れます。

年のせいもあるけど、こういう人だったの?と正直思うときもあります。

先日テレビで吉行和子さんが、107歳で亡くなったお母さんについて
「最後の10年は車いすで、本人もつらかったけど、
愚痴ひとつ言わず、えらかった。私も見習っていきたい」
のように言っていました。

私の母とはだいぶ様子が違います。

子供を育てるとき、
個々に違うのだから、他の子供と比べてはいけない、とよく聞きます。

それのばあさんバージョンです。
りっぱなお母さんと比べてはいけない(笑)

ただ、子育てと違うのは、
母が偏屈ばあさんになっていくのをみていると、

将来、自分もそうなる可能性が大だということを
考えてしまうから、余計にいやなんだと思います。

幸か不幸か、私には愚痴る子供はいませんが、
将来は吉行さんのお母さんを見習っていきたいと思います。

「なんで、あたしじゃダメなんだ?」と母は怒りそうです、

でも、まあ、いくら目標を定めても、
私も年で、そうそう簡単に性格は変えられないので、
結局、ぶーたれ2号になるんでしょう。

母親と娘は似ていて、それがまた難儀です。

ぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

シニアライフ ブログランキングへ
スポンサーサイト
[2016/03/20 18:46] | 老後(母親の) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ゲゲゲの家計簿(上下巻)-水木しげる | ホーム | 100歳までボケない101の方法ー白澤卓二 途中でやめる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yomuyome.blog.fc2.com/tb.php/36-cd5d5119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。