FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
母親のこだわりに疲れる
私が母親をみるようになってから6年です。
その前は亡くなった姉がみていました。

母親と蜜に接するようになって、娘といえど、しらなかったことがたくさんありました。

けっこう、好みがうるさいのです。
たとえば、ズボンが古いのしかない、とか言われ、

私は外に出るたびに、母親のズボンをついでながら探します。
やっと合いそうな、手ごろな値段のものを買ってもっていくと

「いいね」のあとに、必ず
「あと、1センチ、長かったらよかった」
とか
「もうちょっと、薄い色だったら、もっとよかった」
とか、
なんだかんだ、必ずはいります。

もうだいぶ慣れたけど、
最初は、こんなに細かくうるさかったけ??と驚くとともに、
めんどくさかったし、
探して買ってくる身にもなってよ、と頭にくることもありました。

とくに私はあまり買い物が好きでありません。
自分のもめんどくさいのに、
まして、母親のものとはいえ
人の好みはわからないし、ストレスなのです。

そういえば、姉はいつも、かばんにメジャーやら、
母親の「ほしいものリスト」をいれていました。
本当に大変だったと、今さらですが、つくづく思います。

まだ自分で買い物ができる体力があるなら、
こだわって物を選ぶことはできるけど、

年とって、買い物もままならず、
すべて人に頼むようになったら、

なんでもいい~
とかにならないと、結構たいへんです。

反面、年とれば、取るほど、
こだわりや、習慣を変えたくない、が強くなるみたいだけど、

私からすれば、つい
「そんなのいいじゃん」と
言いたくなってしまうようなことばかりで。。。

そんなこと言っちゃいけないのかな。
なるべく、母親の意に添うようにしたいとは、思えども。。。

一緒に住んでる人に比べたら、
私はまだまだぬるい。。と思いなおしても、
時々、鉛のように疲れてしまいます。

つづく。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフ ブログランキングへ

日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト
[2016/06/13 21:24] | 老後(母親の) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<友あり、近場より来たる。楽しからずや~ | ホーム | 今日の終わりに。ホリエモンの「君はどこへでも行ける」を聴きました。>>
コメント
こだわりが強すぎるって大変ですよね(^_^;)、あんまり頑張りすぎないようにしてくださいね(´▽`)
[2016/06/15 07:26] URL | ATSUSHI #- [ 編集 ] | page top
ブログのぼやき、読んでいただき、ありがとうございます。
ぼやきながら、なんとかがんばります(笑)
[2016/06/16 10:24] URL | purapm #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yomuyome.blog.fc2.com/tb.php/125-8943bcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。