スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
どんなことにも想定外が。。(母親の介護)
まだ入院中の母親は、
私が行っても、目があいたり、眠ったり。
でも、「また来るね」というと
「だいぶヒマだね」と言われました(笑)
どーゆー意味?

鼻の酸素はとれたけど、
食事の量にもムラがあり、
施設にかえっても、寝たきりになってしまうように思います。

ほんとうに避けたかった寝たきり状態。
でも、避けるもなにも
こうやって、入院するたびに弱って、自然になってしまうもんなんだ。。。
と愕然とします。

そしてさらに愕然。。
担当の医師に、「ここでの治療はほぼ終わっている」という感じで言われたので、
寝たきりでも施設に帰るか。。。と思ったら、どっこい

自分で痰が出せず、
痰の吸引がまだ必要なので、帰れないことに。

痰の吸引は医療行為なので、看護師さんしかできません。
施設の看護師さんは、6時でかえってしまうので、
夜間、痰の吸引ができません。

施設に帰っても、夜中に痰がつまったら、
また救急で運ばれる、っとことです。
えっ じゃ、どーなんの?

で、ソーシャルワーカーさんから初めて聞いたのは
医療保険による療養型病院への店員、じゃなかった転院。

療養型の病院なんて、初めて知りました。
(普通、知ってるものなのか)

結局、病院は変われど、退院はまだできないということです。
いま、病院を探してもらっていますが、

病院によっては、
「痰の吸引が一日8回以上で、受け入れ」とか
(じゃ7回じゃだめなわけ?)
とか、いろいろ規定もあるようです。

そして痰の吸引がめでたく不要になったら、
施設に帰れますが、
それがいつかは誰にもわからないことですし、
帰れないかもしれません。

療養型の入院費は月20万円くらいだそうです。
よくなって、慣れた施設に帰ってこれたら。。。と思うけど、
施設の部屋代と両方は無理なので、
たぶん施設は解約することになると思います。

痰の吸引でつまづくとは。。。まったくの想定外です。

多少、寿命が短くなっても
苦しいや痛い思いをしなくてすむように願っています。

だから夜中、痰がつまって窒息なんて、避けたいんです。
と、看護師さんに泣きそうになって言ったら

「ですから、療養型の病院でみてもらったほうがいいですね。
でも、痰の吸引も苦しいんですよ」
と言われてしまいました。
。。。。。
。。。。。

寝よ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2016/11/30 21:27] | 老後(母親の) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今日の終わりに。ゲスの極み乙武としてがんばる!ってなんですか。
うっかりつけたテレビに乙武さんが出演されていて、
一連のことについて話されていました。

ゲスの極み乙武として、マイナスからがんばる!みたいなことを言っていましたが、
がんばる!って何を?
いったい彼は、なにをなりわいとしてた人なのか。。。
学校の先生とか、スポーツライターとかをやってた記憶はあるけど、
何が本業で、なにをがんばるのか。。。

「ゲスの極み乙武」(笑)
ちょうどいい感じのだじゃれとネーミングですが、
まったく感じわるいですね。
どうでもいいので、寝ますけど。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村
[2016/11/27 22:46] | 今日の終わりに | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人間とは勝手なもの。。っていうか自分のことだけど。
母親をみるようになって早6年。
毎日、夕方、定刻に電話をしています。

「無事かどうか、心配だから電話ください」ってことですが、
どっちかっていうと、こっちのセリフにように思います

これが、簡単そうで、とても難儀。
相手はとにかく融通がきかず、
時間が10分でもすぎると、向こうからかかってきてしまいます。

時間ちょうどにはかけられないこともあるし、
別に毎日じゃなくても、いいでしょ!!と
何回も談判して、
用事があるときだけ、にしても

「今日は電話ないんだよね」とかかってくる始末で、
結局、根負けして、
毎日かけることになります。

抗うのをあきらめて、毎日かけていますが、
電話をかけるために、
その時間は電車にのらないようにしたり、

友達と食事をしていても、途中で失礼したり、
買い物中でも中断してかけたり
たまの旅行先からでは、現実にもどされる瞬間です。

最近では、耳がとおく
町中でどならなければならず、恥ずかしいです(笑)
どうしても、「明日はかけられないよ」ってときは、
それを何回も何回も説明して、理解してもらいわないと、

心配してかかってきます。
自分でかけられないときは、施設のひとに
頼んじゃったりするので、迷惑をかけてしまいます。

一日くらいかけなくても、無事だから大丈夫よ。と言っても
「そんなのわからない」と言い切り、閉口します。

姉がなくなり、
子供がわたしひとりのため、心配な気持ちはわかるけど
もう、うんざりもいいところで、
一時は、時間になると、胃が痛くなることもありました。

それなのに。。。
っと前置きが長くなりましたが、

いまは入院中。
忘れないようにセットした携帯のアラームが鳴るたびに、
「今日はかけなくていいんだ」
と、思うと、意外にも寂しくなります。

なんだかな。
あんなにいやだったことが、
なくなると寂しくなる、
勝手なものですね。

でも、なかなか回復しない今回の入院をみてると
電話することはもうないのかも。。。と思うと
涙がでました。
ほんと、勝手なものです。。。
寝よ。。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村
[2016/11/26 21:48] | 老後(母親の) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
身元保証の登録はけっこう高いな。
今日は病院通いは休みました。
昨日、帰るとき、半分目をあけた母親に
「明日は雪だから、来れないかも。あさってね」と言ったら
「うん」と言ったので、びっくりしました。
わかったのかな。たぶん、覚えてないと思うけど。

先日請求した、身元保証してくれる団体2か所から、資料がきました。
両方とも、軽く100万円くらいはかかります(ひょえ)

入院や、施設や住宅を借りるときの身元保証や
緊急時に駆けつけたり、
生活支援(病院の付き添いなど)
遺言書を作ったり
死んだあとの手続きや、お葬式まで、
いろいろあり、
必要なものだけ選べるけど、

私が必要な
身元保証や生活支援だけでも、
預託金(入院費など、あらかじめ少しまとめて預けておく)もいれれば
100万円くらいかかります。

また、病院の付き添いなどは
時間単位で実費がかかります。

すべてお金ですが、他人に頼むわけなので
仕方ないと思います。

以前クローズアップ現代プラスで、
なんとかライフ協会という身元保証会社が経営破たんして、

登録していた高齢の女性が
お金もかえってこないし、
「困った。。」というのをやっていました。

でもその女性は、どうしても身元保証がなければ
安心できないそうで、
結局、また別の団体に登録したそうです。

お金がある、なしにかかわらず
私もその気持ちは理解できます。
ほんとに頼る人がなく、
まったく払えない金額でなければ、登録しとこう、ってなるでしょう。

40代50代でも登録する人も増えているそうです。
ただ、早く登録すれば
介護が必要になるまで何年も
毎年の管理費を払い続けることになります。

かといって、緊急時に登録するのでは
間に合わないって話ですから、
悩ましいところです。

も少し検討して(他も探してみて)
いずれかのところに登録しようと思います。

こういったことを準備してると
ひとりぼっち度数も上がり
友達に言えば
「気の毒」感がちらっとよぎっているのを
微妙に感じてしまうかもしれませんが(笑)

仕方ないのさ~
準備できるだけ、いいかな、ってことで。
これで、さらに無駄遣いはご法度じゃ(笑)
寝よ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村
[2016/11/24 21:43] | 老後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自分の料理に飽きる。誰かごはん作ってくれないかな。
一人暮らしになったとき、
しばらく料理なんか、休みだ!と
外食三昧のときがありました。

グルメでもないし、そうそう高いものも食べられず、
ちょっとした女子系ランチとか、
バランスを考えて大戸屋とか(笑)

でもすぐに行き詰まり、
次はデパ地下などの中食の世界へ(笑)
でもなんだかんだと高いし、
コンビニもセブンが気に入って、お弁当などもよく買いましたが、
やはり飽きる。

そして、今は全く外食せず、
自炊ですが、
自分の料理にも飽きつつあります。
は~

入院している母親をみてると、
いろんなことが思い出され、
食に関することも多いです。

お弁当とか、夜ごはんとか。
母親はあまり料理が好きじゃなかったみたいだから、
めんどくさかっただろうな。。と、思います。

亡くなった姉は、独身でずっと親元にいたので、
働いていた50歳まで、
なんと母親がお弁当を作っていました。

姉は、家をでて、だんなに食べさせてもらっている私を
「いい身分よね」的に見てましたが(笑)

私は私で、いつまでも母親にご飯つくってもらってて、いいな~
と思っていました。
どっちもどっちです(笑)

母親は施設にはいっても
私が行くと「ごはん食べてきた?」とお約束のように聞きます。
いくつになっても、自分のおなかより、子供のおなかのすき具合を
親は心配するものですね。(うざいけど(笑))

考えると、
私には、自分で作る以外、家庭料理を作ってくれる人はもういません。
女性は母親がいなくなれば、そうなっていくのかな。
逆に作ってあげる人もいないし、

結局これからずっと、飽き飽きしつつも、
自分による、自分の、自分のための料理です。
かぎりなくシンプル傾向を目指しつつ。。。
納豆、奴、つけものとかさ(料理じゃないじゃん)

寝よ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフ ブログランキングへ

日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
[2016/11/23 21:33] | 家事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。